カメラ最新情報

いよいよ明日EOS 80Dが発売ですが、海外のテストレポートが出ていましたのでご報告

投稿日:

無料素材10点まで無料でゲット

EOS 80Dが発売開始します。

海外のテストレポート

EOS 80Dが発売開始されますが、新世代センサーのダイナミックレンジが広がっているという、テストレポートが上がっているそうです。

下記に引用していますが、引用部分は、機械翻訳を多少手直ししている程度ですので、読みづらい場合ご容赦ください。

私たちのテストでは、キヤノンのEOS 80Dにダイナミックレンジが、大幅に向上されたセンサーを備えていることを示しています。結果は、同社が、読み出しノイズを低く抑える新しいセンサ設計に移動したことを確認しているように思えます。

前のキヤノンセンサは、センサから離れデジタル変換ステップにアナログ、(まだキヤノンのCMOSチップは評判を築いて優れた高ISOのパフォーマンスを可能にしながら)、低ISO設定でダイナミックレンジが制限され、ノイズを寄付したアプローチを行いました。EOS 80DとEOS-1D XマークII内のセンサは、センサ内の変換、電子の経路を短縮し、結果このノイズを防止することを行ってオンチップADCの設計を持っているように見えます。私たちのスタジオテストで80Dのダイナミックレンジのパフォーマンスを見てみましょう。

露出寛容度

このテストでは、80DのRAWファイルがどの程度、現像時の露出変更に対して寛容かをみています。私たちは、AdobeのCamera Rawを使用して正しい明るさに現像し、その後、次第にテストシーンを、露出オーバー気味にすることによって、影に何が起こるかを調べると、あなたが生ファイルの露光ラチチュード(ダイナミックレンジ)を評価することができます。

このテストノイズの変化は主に起因しているので、ショットノイズ、これは主にカメラの露光量によって決定され、結果のみであり、直接、同じセンサーサイズのカメラ間で比較した。これはまた、あなたがあなたが着実に保つことができるか、シャッター速度によって制限されている場合、撮影、現実世界でのケースとなりますので、このテストはあなたに別のフォーマットが与える加工寛容度の量のアイデアを提供します。

テスト結果を見ていると、暗部ノイズが70D世代と比べると随分と改善しているように見えます。1DxMarkⅡからの新世代センサーは、本当にダイナミックレンジが広がっているのかもしれませんね。いよいよもって、7DMarkⅡと一部逆転現象がおきそうです。7DMarkⅡは、1段程度の高感度改善だったようなので、新世代センサーのスタート機であるEOS 80Dとの比較が楽しみでしょうがありません。80Dいかんによって、今後続くであろう5DMarkⅡのセンサーの指針にもなるとおもいますので、楽しみです。

テストレポートを見て

テストレポートを見ての率直な感想ですが、新しいセンサーは、今までのキヤノンセンサーに比べて、Rawファイルを現像した時に暗部を持ち上げた時の、赤いノイズの出方が抑えられて、撮影対象によっては、出ティーるの破綻も抑えられているように見えるので、以前キヤノンノ新世代プロセス導入の噂の招待が、このセンサーなのかな?と思えますね。

噂では、今年のキヤノンは一味も二味も違うそうなので、噂どおり新機種の連発と並単レンズの更新を頑張ってもらいたいです。直近の購入予定は、発売されれば50mm F1.4と5DMarkⅣ(もしかしたら5Dx?)で、スナップ撮影しながら、町をぶらぶらしたいですね。

 

このサイトのURLをコピーする




-カメラ最新情報
-, ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2019 All Rights Reserved.