カメラ最新情報

CANON 1Dx MarkⅡが発表されました

投稿日:

CANONオーナーの皆さん、CANONフラッグシップモデルのEOS 1Dx Mark2が公式発表されました。

キャノンの傾向として、新技術をフラッグシップモデルで先行運用してみてその後の下位機にバンバン投入するのがCANONのいいところで、今後の新機種発表ラッシュの期待が膨らみます。

無料素材10点まで無料でゲット

2016年2月2日公式発表されました。

デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機“EOS-1D X Mark II”を発表されました。まずは、素敵なプロモーションムービーの紹介です。

1dxmk2

おもな特長

“EOS-1D X Mark II”は、キヤノンにおける最先端技術や最高クラスの性能を備えたフラッグシップモデル「EOS-1」シリーズの最新機種です。従来機種「EOS-1D X」(2012年6月発売)より、さらなる高画質化と高速連写を実現しているほか、動画撮影機能と通信機能を強化しています。

高画質と最高約14コマ/秒の高速連写を両立

自社開発の約2,020万画素フルサイズCMOSセンサーと、新映像エンジンを2基搭載した「デュアルDIGIC 6+」やAFセンサー、測光センサーなど、キーデバイスを刷新し、基本性能が大幅に向上しています。これにより、高画素化とともに、AF・AE(自動露出制御)を追従させながら最高約14コマ/秒の高速連写性能を達成しています。さらに、AF低輝度限界性能が向上し、暗い環境下での撮影の幅を拡大しています。また、画質劣化の要因となる歪曲収差や回折現象なども撮影時の補正を可能とし、さらなる高画質を実現しています。

キヤノン独自の撮像面位相差AF技術などによる動画撮影性能の強化

CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの両方を行う「デュアルピクセルCMOS AF」により、素早く追従性の高いAFを実現しています。さらに、4K/60pの高精細で滑らかな動画撮影機能に加え、スローモーション映像の撮影に適した120fpsのハイフレームレート動画撮影(フルHD)が可能です。また、撮影した4K動画から任意の1フレームを静止画として切り出す機能を備えています。

プロのニーズに応える通信機能の強化

USB3.0規格にも対応しており、プロのニーズに応える通信機能を備えています。また、GPSユニットを内蔵しており、位置情報や撮影時刻の記録が可能です。さらに、新製品のワイヤレスファイルトランスミッター“WFT-E8B”(別売)を併用すると、5GHz帯域において高速通信が可能です。

気になる販売価格は?

キヤノンオンラインショップにて、予約が開始されていますので、発売後にすぐ欲しい方は公式での予約が賢明かもしれません。1Dxの時も、量販店で予約したけど発売日に手に入らないなんていう情報が飛び交っていましたしね。

キヤノンオンラインショップ予約ページ

カメラのキタムラ予約ページ

キヤノンのオンラインショップが税込み732,240円なのに対してキタムラオンラインが税込み659,010円さらに1dx下取り価格最大で353,000で取ってくれるそうなので、今なら発売日確約の様ですから、キタムラも選択肢の一つに入りますね。

現在、先行展示を行っているショールームは銀座・品川・名古屋・大阪梅田になりますのでお近くの方は是非足をはこんで、見て・触って楽しんでください。私は遠方すぎて行けませんので、都市部在住の方が非常にうらやましいです。また、試撮したデータの持ち帰りは出来ないので、気をつけてください。

ライバル機NikonD5の情報はこちら

https://hajimete.defo.jp/2016/01/05/nikon-d5-spec/

このサイトのURLをコピーする




-カメラ最新情報
-, ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2019 All Rights Reserved.