カメラ最新情報

GFX 50Sにレンズマウントアダプターが登場の予感?

投稿日:

FUJIRUMORSに掲載されている記事でGFX 50Sのレンズマウントアダプターの情報が出ていました。

これが実現すればミラーレス中版カメラのオールドレンズの母艦として最適なのはやはりGFX 50Sということになりますね。

 

無料素材10点まで無料でゲット

どのレンズのアダプターが予想されているのか?

今回噂になっているのはフジのGFX 50SにContax645レンズを取り付けるためのアダプターで、コンタックスレンズは写りもさることながら、そのボケ味も最高で中版である645フォーマットに最適化されているから、レンズの解像度なども余裕があるのでデジタルでも問題なく使えそうなのが嬉しいところです。

こういったレンズの母艦にできるのがバックフォーカスの短いミラーレスの良いところで、今後マウントアダプターの種類もどんどん増えていくことでしょう。

 

コンタックス645レンズの種類

ハッセルブラッドに比べて価格も手頃だったため、レンズの球数としては豊富なのでまだまだ中古で手に入れやすいのですが、今後マウントアダプターが登場したらおそらく高騰するでしょう。

  • ディスタゴン35mmF3.5
  • ディスタゴン45mmF2.8
  • ディスタゴン55mmF3.5
  • プラナー80mmF2
  • アポマクロプラナー120mmF4
  • ゾナー140mmF2.8
  • ゾナー210mmF4
  • テレアポテッサー350mmF4
  • バリオゾナー45-90mmF3.5-4.5
  • ムター1.4x - リアテレコンバーター

この中でも特に人気なのがPlanar 80mmF2で、手に入れやすいZeissレンズとして有名ですね。

 

GFX 50Sのマウントアダプター

富士フィルムで出しているHマウントアダプターは、GX645AF電子マウントアダプターのみなので、今後は世界のマニアたちが色々なマウントアダプターを開発してくれることを待ち望みつつも、おいそれとは買えない価格に指をくわえながら見ていますが、GFX自体が100万円しますから、もうちょっと買いやすくしていただけると助かるんですけどねぇ。

高価だといってもハッセルブラッドのHシステムに比べると安いってものじゃないくらいのサービスプライスなんですけどね。

中版カメラが浸透してきて、キヤノンやニコンから登場したら熱いんですけど、可能性がありそなのはニコンですかね。

 

このサイトのURLをコピーする




-カメラ最新情報
-, , ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2019 All Rights Reserved.