カメラ最新情報

SONYがDSC-RX100M5を発売予定日を正式に発表しました

投稿日:

ソニーが1インチのセンサーを採用している高画質なコンパクトデジカメDSC-RX100M5を国内で正式に発表しました。

プレスリリース商品紹介ページ

  • 発売予定日:2016/10/21
  • 販売価格:119,880 円+税(公式オンラインショップ)
  • 先行展示情報

dsc-rx100m5

無料素材10点まで無料でゲット

高級コンパクトRX100M3後継機の発表

まずはスペックから

  • 約2,100万画素
  • 1インチセンサー
  • ZEISSバリオゾナーレンズ
  • 35mm換算焦点距離 24-70 f1.8-2.8/2.9倍光学ズーム
  • デジタルズーム11倍(解像度が落ちます)
  • 背面液晶 3インチ(チルト液晶:上180°/下45°)
  • ファインダー240万画素EVF
  • 視野率100%
  • シャッタースピード:フォーカルプレーン式1/2000:電子シャッター1/32,000)
  • 0.05秒の世界最速AF
  • 315点AF
  • 4K動画

主な特徴

世界最速0.05秒AF

y_rx100m5_fast_hybrid_af

新開発のセンサーで、コントラストAFと位相差AFのファストハイブリッドAFセンサーを採用して、1インチセンサーのカメラとして世界最速の0.05秒AFを実現して、今までよりもヤッターチャンスに強いカメラになっています。

315点の像面位相差AF

315-points

315点ものAFポイントをセンサー上に持っているので、画面の端の方まで被写体を捉え続け、さらに位相差AFと連携することで、AFスピードと正確性を兼ね備えています。

連射性能は、AF・AE追従で驚愕の24コマ/秒

映像エンジンも新型のBIONZ Xとなり、さらなる高速連写に対応し、連続撮影可能枚数も150枚にアップしたので、約6秒の間に秒間24コマで連射し続けることで、決定的瞬間に非常につよいカメラとなっています。

また、連射中にも液晶やファインダーがブラックアウトすることなく撮影し続けることが可能です。

電子シャッターを採用

電子先幕シャッターを採用することで、歪みのない『アンチディストーションシャッター』を実現

anti-distortionshutter

一眼レフカメラなどは、仕組み上どうしてもローリングシャッター現象によって、拘束で動く被写体を撮影した写真が歪んでしまうのですが、電子シャッターを採用することで、ローリング現象を抑えることに成功しました。

また、電子シャッターは非常に高速なシャッターを実現しますから、今までよりも露出制御が楽になりました。

内蔵NDフィルターにより最大EV値(露出の明るさを示す数値)も19EVを達成

電子シャッターと相まって、直接太陽を入れたようなアングルの時でも、撮影が可能になりました。

NDフィルターをカメラ内部に内蔵することで、最大で19EVの高照度撮影に対応

最高960fpsの動画

最高で960fpsで撮影出来るので、このカメラだけで今まで捉えられなかった被写体の動きを捉えられるようになりました。

これも電子シャッターのお陰で、一般のテレビのフレームレートである30p(秒間30フレーム)で32倍スロー、60p(秒間60フレーム)で16倍のスロー撮影が可能になったので、運動会などで大活躍間違いなしです。

また、60pのスロー動画に対応していることで、対応したテレビであれば、非常に滑らかなスローモーション動画を楽しむことが出来るようになっています。

ダンスバージョン

バスケットバージョン

さらなる4K高画質動画

あとがき

高画質に定評があるソニーのRX100シリーズもついにシリーズ5代目となり、さらなる熟成を重ねた結果、スナップであれば重たい一眼レフはポイしてこれ1台でも不満はないかもしれませんね。

また、RX100で満足出来なければ、これの上位機種であるフルサイズセンサーを採用したRX10シリーズもありますから、とにかくカメラは軽量が第一という方達はソニーのRXシリーズがいいかもしれませんね。

発売が待ち遠しいです。

一足先に予約する方はSONY公式オンラインショップへ
このサイトのURLをコピーする




-カメラ最新情報
-, ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2019 All Rights Reserved.