ストックフォト

カメラを買うお金がない?そんな時は好きなカメラで稼いじゃおう!

投稿日:

昔から比べるとカメラ機材は高価に感じるようになってきました。

カメラを購入するための軍資金の集め方はどうしていますか?今回はチョット敷居が高いですが、趣味のカメラを稼ぐ道具にしましょう。というお話です。

無料素材10点まで無料でゲット

Sutock Photoを利用して稼いでみませんか?

Pixtaという会社が以前から何回もテレビなどのメディアで紹介されていますが、どんな会社かご存知ですか?

Pixtaという会社は、カメラマンが登録制で自分で撮影した画像を委託販売しているサイトを運営している会社なんです。誰でも登録できる訳ではありませんが、自分が上達してきたなと感じてきたら、朝鮮してみることをオススメします。

うまく行けば趣味の写真でお金を稼ぐことも出来ますから、まずは登録してみて採用されれば立派なプロカメラマンの仲間入りです。

PIXTA

写真素材のピクスタ
アフィリエイトなどで画像を購入している方も多いPixtaですが、購入だけではなく画像の販売も行えます。写真だけではなくイラストや動画も販売対象なので、普段から絵を書いているような人は、イラスト投稿している人口はとても少ないので、その分チャンスは無限大です。

動画の方もまだまだ少ないですから、一眼レフカメラで動画撮影している人は、You Tubeだけじゃなくこういったサービスを使って稼ぐのも1つのテです。

写真素材【PIXTA】まずはコチラのサイトを開いて、撮影者の登録を行ってください。

会員登録が終わったら、撮影データを送信して、簡単なテストが行われ、審査に合格したらはれてプロの仲間入り?その後販売するための画像を準備して、審査に通ったら販売開始になります。

特に難しいことはありませんから、気軽に登録をして稼いじゃいましょう。

Fotolia

Fotolia

この会社もPixtaと同じくというよりも、今やAdobeストックにも採用されているストックフォトの会社で、高品質を保ちながらも、非常に沢山の画像やイラスト、動画が販売されています。

Pixtaの場合は、ほとんどが国内で消費されているのに対して、Fotoliaは世界が相手なので、市場が広いからその分販売の機会も多いはずです。

こちらも登録自体は簡単ですが、やはり審査に通過しないと画像の販売は出来ませんから、まずは登録をして、色んな画像をみて真似をしていき、自分の腕を磨いたり、自分の腕の指標のように使うのも面白いかもしれませんね。

どういう画像が売れるのか?

販売枚数が多い人たちは、モデルに特化した人だったり、カテゴリー特化型のひとが多い印象をうけます。

サイトアフィリエイトや、Google AdSと同じように、非参照量を増やすためにも、カテゴリーやロングテールを拾っていき、最終的にビックワード(ここで言えばビジネスなどの検索ワード)で上位表示されれば、とんでもない稼ぎになったりします。

私が知るかぎりでは、トップの方の人たちで月間1,500,000円位稼いでいるようです。

ここまで稼ぐ人たちは、複数のストックフォト会社に登録して販売をしていますが、まずは上記2社が販売機会も多いですし、掲載されている画像の品質も高いので、なにかと参考になりますから、これからストックフォトを始めたいと思ったら登録してみてください。

画像も買えるの?

会員登録をしてしまえば、自分が稼いだ分での購入も出来ますし、クレジットを購入すればホームページで高品質な画像を使ってのアピールも出来ますから、無料画像ばかりではなくこういったサービスを利用するのも1つの手だと思います。

 

このサイトのURLをコピーする




-ストックフォト
-, ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2019 All Rights Reserved.