カメラ最新情報

CANON初のレンズ交換式カメラでボディ内手振れ補搭載か?キヤノンEOS M5の最新スペックがリークされています。

投稿日:

名称が二転三転してましたが、EOS M4 ではなくEOS M5で決まりですね。一眼レフモデルと違って、上位機種の方が数字が大きくなっていくルールになりそうです。

軒下デジカメ情報局というサイトと、お馴染みCANON RUMORSにてEOS M5の画像が公開されています。当サイトの画像は軒下デジカメ情報局さんに許可を得て掲載しています。

m5_46

CANON RUMORSで公開されている画像が、軒下デジカメ情報局のものなので、軒下デジカメ情報局さんの情報収集能力は素晴らしいですね〜

スケッチの時点ではパッとしないな〜という印象でしたが、実機の画像を見る限りでは、かなり好みでした。

現在キヤノンのAPSやフルサイズのデジタル一眼レフカメラを使っていて、サブ機が欲しいな〜なんて考えている人には、朗報なんじゃないでしょうか?

気になるスペックですが、軒下デジカメ情報局さんからの引用になります。

EOS M5

m5_45
センサー:2420万画素 APS-C CMOS

AF:デュアルピクセルCMOS AF、タッチAF

映像エンジン:DIGIC 7

連写:7fps

ISO感度:100-25600

動画:FullHD 60fps、5軸電子式手ブレ補正(5-axis Digital stabilization)←注目

ダイナミックNFC、Bluetooth内蔵

メディア:SD/SDHC/SDXCカード

サイズ:115.6 x 89.2 x 60.6 mm

重さ:427g

スペック的には申し分ないと思うのですが、できたらDLO(デジタルレンズオプティマイザ)やDPRaw(デュアルピクセルRAW)に対応していると面白いと思うのですが、どうなんでしょう。

無料素材10点まで無料でゲット

ボディ内手ぶれ補正(センサーシフト方式)?

地味に気になるのが、5軸手振れ補正の表記とディジック7の表記ですね。

キヤノン機は、今までボディ内に手振れ補正を内蔵していませんでしたが、どうやらここへきて方針転換でもしたのでしょうか?

EOS Mシリーズは、フランジバックも短くオールドレンズもアダプタを介して装置できますし、EFレンズであればフル機能が使える上に、今回の5軸手振れ補正のリーク?で、初のEFレンズ内手振れ補正+ボディ内手振れ補正が出来るのか?注目していきたいと思います。

センサーシフトの手振れ補正をレンズ交換式で実装できるなら、デジタル一眼レフのEOS Kissシリーズにも搭載されたりしませんかね〜?

これでフルサイズセンサーを搭載してくれたら、α7シリーズからEOS Mシリーズに乗り換えるキヤノン一眼レフオーナーが多くなりそうです。

なんてったってオールドレンズの母艦になれますし、EFレンズ群との親和性もバッチリたし🎶

このサイトのURLをコピーする




-カメラ最新情報
-, ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2019 All Rights Reserved.