機材

カメラバックやザックにカメラを装着出来るPeak DesignのCapture PRO Camera Clipとカメラバック

投稿日:

普段カメラを持ち歩く時に、カメラをどうやって携行していますか?

普通だったらカメラバックに入れて持ち歩いたり、首から下げたり斜めがけして持ち歩くと思いますが、登山や街歩きの時に便利な商品がありますが、まだ知名度が低いのかあまり見かけません。

そこで今回はこの便利なカメラクリップを知ってもらおうと記事にすることにしました。

私が買った中でも抜群の製品だと思いますから、機になった方は読んでみてください。

無料素材10点まで無料でゲット

Peak Design / Capture PRO Camera Clip

capture-pro02

この製品は、色々な所に取り付けて、カメラをワンアクションで固定することが出来る、クイックリリースプレートのような感じで使えます。

元々はKickstarterからスターとしたこの製品ですが、あっという間に資金を集めてしまい、製品化にこぎ着けました。この製品は、カメラを受けるパーツと、カメラの底面にある三脚取り付け穴にプレートを取り付けて使うのですが、プレートの4方向全ての向きに対応していますし、プロプレートに付いてくるパーツを取り付けるとManfrotto雲台のラピットコネクトシステムRC2にも直接取り付け可能になります。

Peak Designにはカメラを携行する時に便利な製品が沢山ありますから、最後にご紹介します。

プロモーションビデオを見るだけでこの製品の素晴らしさがわかると思います。まずは動画を見てください。

動画を見たらわかると思いますが、このPeak Designで販売しているCapture PRO Camera Clipはたいへん考えて作られている製品で、およそカメラを持ち歩く全てのシチュエーションを想定して製品化されています。

カメラバックに取り付ける

capture-pro03

取り付けるバックの種類は選びません。

メッセンジャータイプのバックも、登山用のザックもカメラ用のバックパックにも取り付けが可能で、取り付ける時に締め込むネジも、標準タイプとオプションでロングタイプのものも別途購入することが出来るので、ほぼ全てのタイプのカメラバックに取り付けて、ワンタッチでカメラを装着することが可能です。

ベルトに取り付ける

capture-pro04

ベルトに直接取り付けて、カメラホルスター代わりに使ったり、レンズ交換のt時に使ったり出来ます。

こういうのをみると複数購入して、色々な所に着けたくなりますよね。私ももう一つほしいとは思うのですが、なかなか資金を回せづにいますがそのうちPeak Designのその他の製品とまとめて購入するつもりです。

また、オプションのPRO PADをベルトに挟んで使えばベルトを痛めることもありません。

このカメラクリップは、普通のタイプとProタイプが有り、断然Proタイプをおすすめします。

Capture PRO Camera Clipで持ち歩けるもの

オプションで販売されているパーツを使うと、色々な物をCamera Clipに取り付けて持ち歩くことができます。

Peak Designのカメラバック

現時点では、メッセンジャータイプのバックと、バックパックタイプ、トートバックタイプのカメラバックを販売しています。

Peak Designのカメラバックの最大の特徴は、バックの蓋を止める金具に有り、カメラクリップと同じように、ワンタッチで引っ掛けるだけで簡単にバックのフタを開閉できるようになっています。

EVERYDAY BACKPACK

everyday-backpack

このバックは、ザックタイプのカメラバックで、収納方法はサイドに2つジッパーで開閉可能なフタが付いていて、サイドアクセスタイプのバックになります。

また、サイドに付いたフタには小物が収納できるようになっています。

上の部分にはフィルターやメモリー角などの小物を収納しておくことが出来るようになっています。

その他にも、Peak Designの製品らしく、三脚を取り付けるためのベルトが隠されていたり、ウェストベルトなども隠してあって、使う人の立場になって製品を設計しているのがわかります。

EVERYDAY MESSENGER

peakdesign-messenger

このバックは見た目以上に収納力があり、最初のカメラバックに最適だと思います。

このバックは、サイドベルト部分にカメラクリップを取り付けて、持ち歩きの時にカメラをクリオ王に固定しておいて、必要な時にサッと構えることが出来るようになっています。

peakdesign_messenger41

内部の保護材は、折り目がついているので、それぞれの機材の形に合わせた収納が可能となっていて、カメラボディ1台とレンズを3~4本程度は収納できます。

EVERYDAY SLING

sling-product3

このスリングバックは、ウェストポーチとしても、ワンショルダーバックとしても使えるカメラバックで、なんとこのサイズで三脚を固定して持ち運ぶことが出来ます。

ピークデザインのバックなので、ベルト部分はワンタッチで伸ばすことが出来るので、ワンショルダーで使う場合にも着脱がひじょうにしやすく、街歩きでのスナップ撮影や、旅行時の持ち歩きようバックとしても秀逸です。

Everyday Tote

everyday-tote

トートバックタイプのカメラバックで、正直個人的に使ったことが無いのですが、ピークデザインのものは見た目がカメラバックっぽくなく、デートのときなどでも威圧感なく持ち歩けそうです。

コチラは、ワンショルダータイプのバックでは収納力に不安があるときなどに丁度いいかもしれませんね。

どこで買えるか?

現在メッセンジャタイプ以外はまだ販売されておらずプレオーダーの段階です、メッセンジャータイプのみが販売されているようです。もし気になる方がいたら、Kickstarter経由で簡単に購入することが出来ますから、変な個人輸入ショップよりもオススメな購入方法です。

Everyday Backpack他のプレオーダーページ

日本国内でもピークデザインのカメラクリップなどが購入出来ます。

 

 

このサイトのURLをコピーする




-機材
-, ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2020 All Rights Reserved.