機材

一眼レフ カメラにWi-Fiがなくてもスマホから操作(レリーズ)出来る!

投稿日:

今回は、デジタル一眼レフカメラにWi-Fi機能やブルートゥース機能が非搭載でも、スマホとつなげて無線で操作出来る機器を紹介します。

pinout

紹介するのはゼスティーシステムズ株式会社(本社:東京都墨田区)の『Pinout』という製品で、この製品は前述したとおり、Wi-FiやBluetoothを搭載していない一眼レフカメラを操作出来るものになっています。

無料素材10点まで無料でゲット

Pinoutとは

この製品は、専用のアプリ(iOS/Android)を使ってスマートフォンとデジタル一眼レフをつないで操作するための機器で、通信規格には「Bluetooth Low Energy 4.0」を利用しており、通信は公称最大約30m離れた場所から操作できる。

対応スマートフォンは、iOS9.0以降を搭載したiPhone 4S以降、iPad 2以降、Apple Watchなど。または、Bluetooth Low EnergyをサポートしたAndroid OS 4.4以降の端末から操作が可能になっている。

対応機能の異なる「Basic Kit」「Pro Kit」「Full Kit」の3種類が用意され、またそれぞれに、対応カメラ(アクセサリーターミナルの形状)の異なる「Type A」と「Type B」の計6種類ある。

Pinoutで出来ること

リモートシャッター(レリーズ機能)

電話の音量ボタンやアプリ画面での撮影はもちろん、電話を振ったり(シェイク機能)、スマホに向かって「チーズ」と声を発するだけでも写真を撮影することができます。

この機能を使えば、デジタル一眼カメラならではのハイクオリティーな自分撮り、グループ撮影も可能となります。プロカメラマンにリモートシャッターが好まれる理由は、全くブレずに写真を撮影できるからです。

Pinoutを使って、あなたもプロカメラマンのように、より鮮明な風景を撮影しましょう。

GPS機能(GPSロガー/ GPSユニット)

GPS機能によって、撮った写真にGPS情報を自動的に記録することができます。撮った写真1枚1枚に地理的な情報を記録する作業は長い時間を要します。自動的にGPS情報が記録されれば、ソーシャルメディアで写真を共有する時や、撮影場所を共有する際に非常に便利です。また専用アプリを使えば、地図のインターフェースで、簡単に撮影場所を設定することもできます。

たとえば「富士山」の写真を数キロメートル離れた場所から撮影した場合でも、簡単に写真の位置情報を地図上で「富士山」に修正することができます。

タイムラプス(コマ撮り機能)

この機能を使用することで、一定間隔に連続した写真を撮影することができます。撮影した静止画は、組み合わせることによって動画のように再生することができ、長時間の事象の変化を短時間で表現することが可能となります。 長時間にわたる風景または時間の流れの微妙な変化を撮影するのに最適です。

さらに距離の変化で写真を撮れるディスタンスラプスという機能もあります。たとえば、車の屋根にPinoutを接続したカメラを取り付け近所を運転するだけで、走った風景を撮影することができます。 プレミアム機能を使用すれば、星の軌跡(スタートレール)をきれいに撮影することも可能となります。

高品質なHDR撮影機能

HDR撮影(もっとも明るい部分と暗い部分の明度差を、広く取得するように加工を加える撮影方法)を使えば、より精緻な写真を撮影することができます。この方法では、肉眼で見ている映像を出来る限り再現するために、異なる露出時間で同一の場面を、複数回撮影し、1枚に合成します。

最近のスマートフォンはHDR撮影機能を備えていますが、デジタル一眼カメラだと手動での編集が必要となるものがほとんどです。またデジタルカメラにおいても、HDRの編集プロセスは困難である場合がほとんどです。Pinoutを使えば、誰でも簡単にHDR撮影が可能となり、逆光の被写体や暗い場所を美しく撮影することができます。

HDR機能を使うときは、カメラをバルブモードに設定して使用してください。

複数台のカメラの制御機能

Pinoutの専用アプリを使えば、同時に最多で10台のPinoutとカメラをコントロールすることができます。

この機能を使えば、複数のカメラで同時に様々角度から撮影したり、全体と部分を同時に撮影することができます。最適な角度で瞬間的に撮影することが可能となり、風景、舞台、スポーツの試合など、見どころの多い場面でも最高の一瞬を見逃すことなく撮影できます。

Pinoutがあればバレットタイム・タイムスライス撮影も簡単にできちゃいます。

盗難防止機能

残念ながら高級なカメラは、窃盗の標的となります。Pinoutを使えば、カメラが20~30メートル(最高98フィート)離れた際に、スマホまたはiWatchでアラーム音が鳴るように設定したり、通知が届くように設定することができます。

この機能を使えば、大切なカメラをどこかに置き忘れる心配はありません。また万が一、盗難にあった場合でも、カメラが指定範囲から出た位置を把握することが可能です。

Pinoutの種類

現時点でPinoutはNikon製のカメラしか操作はできず、今後キヤノンやSonyなどの他のメーカーカメラの対応は現在計画中とのこと。

Pinoutは、Type AとType Bがあり、それぞれコントロール出来る機種が違うので、間違えないように購入してください。

Type Aのサポート機種

外形寸法は27×21×15mm。重量は3g。

Nikon D5、D500、D4、D4s、D3、D3S、D3X、D2X、D2XS、D2HS、D2H、D800、D800E、D810、D810A、D700、D300、D300S、D200、Fujifilm S5 Proに対応。

Type Bのサポート機種

外形寸法は27×21×21mm。重量は4g。

Nikon Df、D750、D610、D600、D90、D7200、D7100、D7000、D5500、D5300、D5200、D5100、D5000、D3300、D3200、D3100、COOLPIX A、COOLPIX P7800、COOLPIX P7700に対応。

Pinoutの3つのキット

それぞれのTypeに機能が違うKitが3種類あって、3つのキット共通で盗難防止と紛失防止のアラームが付いています。

Basic Kit

スマートフォンをカメラのシャッターレリーズ代わりにしてシャッターを切る「シンプルリリース」「長時間露出」「カウントダウンリリース」といった機能が利用できる。

Pro Kit

Basic Kitの機能に加え、「タイムラプス」「ディステンス ラプス」「スタートレイル」「ジオ タグ」「ジオ ログ」といった5つの機能に対応している。

Full Kit

Pro Kitの機能に加え、「バルブ ランピング」「HDR」「HDR タイムラプス」。そして、ひとつの専用アプリで最大10台のカメラをコントロールできるようになる「複数カメラコントロール」機能に対応する。

機能と価格の早見表

Basic kit Pro kit Full kit
損失/窃盗防止機能  ○  ○  ○
Simple Release  ○  ○  ○
Long Exposure  ○  ○  ○
Timed Release  ○  ○  ○
Time-lapse  ○  ○
Distance Lapse  ○  ○
Star Trail  ○  ○
Geo Tagging  ○  ○
Geo Logging  ○  ○
Bulb Ramping  ○
LE HDR  ○
LE HDR Time-lapse  ○
Multi-Camera  ○
Sensors Release  ○
Basic kit Pro kit Full kit
価格(税別、送料別) 2980円 6980円 11980円

アプリ

Pinoutを使うには、ニコンの対応一眼レフとiPhoneまたは、Android搭載のスマートフォンが必要です。

それぞれのダウンロードリンクを掲載しておきます。

iOS用アプリ Pinout

Android用アプリ Pinout

アプリとPinoutのペアリング方法

分かりやすい動画が有りましたので載せておきます。

iOS用ペアリング設定動画

Android用ペアリング設定動画

公式プロモーション

あとがき

この機械を使えば、今まで有線でレリーズコードを接続していたのを無線化出来るので、結構便利かもしれません。

また、レリーズコントローラがスマートフォンなので、アプリの更新で機能が追加されたり、今後ニコン以外の機種に対応したPinoutが販売されるかもしれませんので要チェックです。

Pinoutは、価格もタイマーレリーズと対して変わらなので、今までタイムラプス動画の撮影などでタイマーレリーズよりも遥かに高機能で、価格も純正品に比べたら同等か、安いくらいです。その上煩わしい線もなくなりますから、カメラバックに1つ放り込んでおくのもいいかもしれませんね。

最後にamazonのリンク貼っておきます。
Pinout(ピンアウト)タイプA

Pinout(ピンアウト) タイプB

 

このサイトのURLをコピーする




-機材
-, ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2021 All Rights Reserved.