カメラ最新情報

キヤノンの6D MARK II(6D2)とフルサイズミラーレスの噂

投稿日:

しばらく噂を聞かないと思っていたら、やはり少しづつでも開発が進んでいるようで、海外の噂サイトで新しい情報が出ています。

今回は6D2だけではなく、以前から噂にあるフルフレームセンサーを搭載したミラーレス一眼の情報も更新されています。

情報のでどころはCANON WATCHです。

MORE ABOUT THE CANON EOS 6D MARK II RUMOR SAYING THERE WILL BE A FF MIRRORLESS INSTEAD (COMING BOTH?)

今回の噂では6D2の開発が遅れていることと、フルサイズミラーレスを開発していることを匂わせています。

無料素材10点まで無料でゲット

6D MARK IIの方向性について

噂では6D2がEVFになるとか、ミラーボックスが無くなる(PENTAX K-01タイプのミラーレス)になるのではないか?と言われているようですが、わたしにはそうは思えません。

最近のキヤノンは新技術の開発にさらに力を入れていて、2020年の東京オリンピックへむけてさらなる開発をしているように思えます。

そこで以前公開された特許を思い出して欲しいのです。

EVFの噂について

CANONのハイブリッドファインダーとハイブリットAFの特許

仮にこの特許が6D2に採用されるとすれば、EVFの噂やレフミラーが無くなるという噂もなんとなくですが、理解できます。

そして6D2にこの特許が採用されるとしたら、1Dx Mark3にもハイブリットファインダーが搭載されると言うことになります。

このハイブリッドファインダーは、ファインダー上で被写体までの距離を確認できたり、OVFでのフォーカスピーキングや顔検出も出来そうなんですよね。

あくまでもわたしの想像にすぎませんが、夢がありますよね。

CANONのフォーカスピーキング機能に関する特許が公開されました

ミラーボックスの排除について

ミラーボックスの排除にかんしても先ほどの特許に影響されていると感じます。

この特許を応用すれば、レフミラーを上げた状態でもファインダーに映像を移すことが出来そうですから、さらにハイブリッドファインダーが採用される根拠としては信憑性がましてきます。

キヤノンは新技術をエントリークラスで試す傾向にあり、ちょうど6D2がフルサイズ一眼レフのエントリークラスだから、東京オリンピックに新技術を持ってくるなら今が絶好のチャンスです。

キヤノンにはぜひとも6D2での社会実験に踏み込んで欲しいものです。

フルサイズミラーレスについての噂

このうわさも以前から何度となく出ては消えていますが、最近もうわさになっていることを考えると『もしかしたら....』と思ってしまいますよねww

CANONのフルサイズセンサーを採用したミラーレスカメラを開発中?

このうわさでは、ミラーレスマウント(EF-Mマウント)についての言及と、フルサイズセンサーを搭載した高級路線のコンデジが噂になっていますが、もしもフルサイズミラーレスが開発されているなら、キヤノン使いの最高のサブ機になることは間違いありません。

さらにフォーカスピーキングの特許も公開されていますから、新型のミラーレスカメラがフルサイズセンサーで、新機能のフォーカスピーキングを搭載する可能性もじゅうぶんにあります。

6D2が発表されたら喜ぶひとも多いのでは?

5D4が思いの外高価で手が出なかった方が大半だと思います。

以前からのうわさにあるように、6D2が少しだけセミプロよりに路線変更してくれないと、フルサイズ難民がたくさん生まれてしまいます。

正直に言うと、今の6Dでは総合力では他社にはかないません。

6D2に期待したいのはAFセンサーの強化と、剛性感のアップでしょうか?

せめて5D4の値段が5D3並であってくれれば買えたのですが、少々高すぎですからね。

使えば『絶対にコレじゃなきゃ』と思えるほど素晴らしいカメラだと言うことは分かってはいるんですが、資金力にとぼしいカメラクラスタとしては6D2には大いに期待しています。

キヤノンのマーケティング部門の方には本当にお願いしたいです....

 

 

このサイトのURLをコピーする




-カメラ最新情報
-, , ,

Translate »

Copyright© カメライフ@de/fo , 2019 All Rights Reserved.